Q. ハーレー純正オイルじゃなくていいの?
A. エンジンに適合した規格・粘度のオイルであれば、ブランドが異なっても問題はありません。エンジンオイルの性能を引き出すという観点がベストです。
Q. 交換箇所が3ケ所?2ケ所?
A. ハーレーダビッドソンは、
  ビッグツインは、
1.エンジンオイル、2.プライマリーオイル、3.トランスミッションオイルの3か所。
  スポーツスターは、
1.エンジンオイル、2.プライマリー&トランスミッションの2ケ所を交換します。
Q. 交換時期は?
A. エンジンに充填されたエンジンオイルは、
空気やエンジン各部の各種の金属に触れることにより、
酸化劣化していきます。
なので、走行しなくても交換が必要です。

オイル交換OIL Change

知って納得【オイルの働き】

『減摩』エンジン内の金属摩擦を減らします。
『冷却』
摩擦で生じた熱を吸収して、温度が上がり過ぎないようにします。
『緩衝』衝撃を緩和するクッションの役目。『粘度』が必要となります。
『防錆』エンジンが空気(酸素+水)に触れて錆びるのを防ぎます。
『密封』金属同志の隙間を埋め、圧縮した時に混合気(パワー)が抜けてしまわないようにします。
『清浄』ガソリンの燃えカスや、金属が摩擦しあって出来た金属の細かい粉などが、堆積し詰まらないよう浮遊させてオイルフィルターまで運びます。


上記の作用が満たされて、オイルと認められるのです。
エンジンオイルは色々な成分(添加剤)を混ぜて作り出しています。その特徴の違いが、多数あるエンジンオイルの種類として出ています。
数多くあるエンジンオイルの中で当ショップがオススメする
トライボジャパンのMoty'sハーレーダビッドソンにて、高パフォーマンスを実証済みです。

Q. 高性能オイルを使用すれば、交換しなくていい?
A. 劣化度合いは少ないと言えますが、どんなに高性能エンジンオイルでも使用しているとその性能は徐々に低下していきます。
当ショップでは、エンジン内部をきれいに保つなどの理由により、
3,000kmまたは6ヶ月ごとの交換をお勧めしています。


Q. エンジンオイルはなぜ黒くなるの?
A.エンジンオイルはエンジン各部で様々な働きをしていますが、高温にさらされたり強い圧力を受けたりしながら働いているうちに、
カーボンをはじめとする
劣化物を生成します。また、エンジン各部にたまっていた汚れも徐々に取り去ります。
これらをオイルの中に取り込んで、エンジン内を
クリーンに保っているので、オイルは黒くなります。
当ショップがオススメする 交換時期または距離  距離 時期 
 エンジンオイル 3000`毎 6ヵ月毎
 プライマリーオイル 5000`毎 1年毎
 トランスミッションオイル 5000`毎 1年毎
 オイルフィルター エンジンオイル交換2回につき、1度  
オイル:フルチェンジの場合  ビッグツイン スポーツスター 
Moty's エンジンオイル M150 15W/50 @1900  3L:\5,700 3L:\5,700
Moty's  プライマリーオイル M150 15W/50 @1900  1.2L:\2,280  1L:\3,800
M407 75W/90 @3800
 Moty's トランスミッションオイル  0.7L:\4,060
M509 75/90 @5800
 H-D純正  オイルフィルター ブラック (クローム:\2,700) \1,657  \1,657
 ダービーカバーガスケット \500  \500
  ドレンOリング 2コ:\200 1コ: ¥100
  インスペクションカバーOリング \700 \400
  オイル交換工賃  \3,500
エンジンオイルのみは
\500
 \3,500
エンジンオイルのみは
\500
  ケミカル(廃オイル代・作業時消耗品代)  \500  \500
フルチェンジ:お見積合計  \20,052(税込) \16,965(税込)
フルチェンジ:クロームオイルフィルターの場合 \21,012(税込) \17,925(税込)
エンジンオイル交換のみ(フィルター無)の場合 \7,140(税込)
エンジンオイルのみ:オイルフィルター(ブラック)交換の場合 \8,880(税込)
よくある【Q&A】

Copyright (C)High-Field All Rights Reserved


Q. 高速道路は、ほとんど使用しないので劣化は少ない?
A. 一般道の走行の方が劣化は早いです。高速道路を制限速度内の一定速度で走行しているときは、エンジンオイルの温度も特別高くならず、
エンジンオイルにとって特別過酷とは言えません。※但し、過度な高速走行はエンジン温度を上昇させるため過酷です。

そして、一般道路のストップアンドゴーの繰り返しは、むしろ
過酷です。このような走行の場合、一般的にエンジンオイルの劣化は早いと言えます。

【オイル交換:価格表】